聴こえのしくみ - 良い聴こえ

聴こえの仕組みとはどのようなものでしょうか。目で見ることのできる外耳は蝸牛と外耳道からなります。ここでは音波を拾い、それを中耳に伝えます。中耳とは、鼓膜で区切られた空洞です。音波によって鼓膜の振動が始まります。振動によって音波が中耳内の3つの小さな骨(耳小骨)に伝わります。振動はコクレアという蝸牛に伝えられます。蝸牛の中にはリンパ液が含まれており、多数の有毛細胞があります。これらが感知した振動を電気信号に変換し、聴神経に伝えます。電気信号が聴神経から脳に伝えられ、音として認識されます。 話し合いや騒音下で言われたことを理解できない場合は、すでに聴力が制限されているので、早急に耳鼻科での聴力検診を受けることをお勧めします。難聴は、手遅れになる前に適切な治療を受ければ防げることもあります。