お子さまと聴こえ

 

難聴で苦しんでいる乳児は、1000人に2人といわれています。軽度の難聴でさえも会話能力や言語能力の発達を遅らせる原因となることがあります。そのため、子供の難聴に対してできる限りすばやく対応する必要があります。耳鼻科医はお子様の聴力についての情報を収集するために、年齢と聴力に応じて一連のテストを行います。難聴の乳児はほとんどの場合、補聴器やその他のアンプで対応することができます。その他、治療や教育プログラムで言語能力や会話能力を補います。胎児の蝸牛はすでに妊娠20週目にすでに機能し始めています。胎児は母親の胎内で声や音楽を聴いているのです。新生児はまず聴力と方を学ばなくてはなりません。以下に示される段階は、正常な言語能力発達の典型プロセスです。 お子さまの言語能力が典型プロセスよりも三ヶ月以上遅れている場合、難聴が原因となっていることがあります。

 

  • 9か月

    9か月

    「パパ」、「ママ」、「ダメ」、「バイバイ」などの短い言葉を理解できます。

  • 10か月

    10か月

    初めて理解の出来る単語が発音されます。

  • 18か月

    18か月

    簡単な文章を理解できるようになります。話手が言葉で示したものを手に取り、たずねた体の名称を示せるようになります。子供は20から50の単語を使用し、例えば「イヤ」、「どいて」、「ママ、やって」など、単純な言葉を形成します。

  • 1 年

    1 年

    複数の単語を発音できるようになります。

  • 24か月

    24か月

    短い文章の中で話せる単語は約150ワードとなります。子供と毎日一緒に過ごさない大人にとってもほとんど理解できるほどはっきりとした会話をしているはずです。絵本を読んでもらうとその前に落ち着いて座り、きくことができるようになります。

  • 3~5才

    3~5才

    希望や感情を表現し、情報を伝え、質問をするために言語で一貫して言葉で表現するようになります。 入学前のお子様は実際話されることはすべて理解できるようになります。複雑な文章を構成して使われる単語数は1000~2000ワードとなります。入学直前の言語能力では、はっきりと理解できるように発音されるようになります。

小児用補聴器

過去数年の間に補聴器は開発によって大幅に進歩しました。小児用の補聴器では大半の場合耳かけ型補聴器が選択されています。最良のシグナルが送られる小型の補聴器は、複数のカラーからご選択いただけます。言語能力開発中のお子様には最良のシグナルが必要であるため、耳穴式補聴器は小児用補聴器としては適しません。また、少し年上のお子様にも耳かけ型補聴器をお使いいただけます。これらはさらに小さく、より魅力的に構成することが可能です。この場合、マイクは耳の後ろに掛けられるケースに組み込まれ、スピーカーは外耳道に挿入されます。

どんなに優れた補聴器でも電池が適していなければ、あまり役には立ちません。とくに言語理解能力を発達させるために小さなお子様にとって重要なのは、鮮明な音です。そのため、電池の性能が言語能力へ影響を及ぼします。パワーワンは補聴器のスピーカー性能を最適に維持します。電池の電圧は徐々に弱まるのではなく、寿命が切れるその寸前まで一定の高いレベルを保ちます。



パワーワンはその特殊コーティングによって汗や雨などの過酷な環境条件に対する耐性を備えています。そのためお子様は補聴器を気に掛けることなく、友達と外でのびのびと遊ぶことができます。

  • FMシステム

    FMシステム

    最高級の補聴器でも時としてその性能が必ずしも満足いくものではありません。場合によってはノイズ、室内音響、または長距離聴覚に影響を与えます。例えば学校では先生の声をはっきりと耳に直接送信するための無線システムがあります。

  • 内耳インプラント

    内耳インプラント

    お子さまが小児用補聴器が装着するには、内耳の有毛細胞が正常でなくてはなりません。有毛細胞に損傷を受けても聴神経に問題がなければ、人工内耳によって聴こえを取り戻すことができます。人工内耳は手術によって取り付けられる医療機器です。人工内耳は聴神経を直接刺激します。すでに1歳6か月以上のお子様から人工内耳手術を受けることが可能です。この人口内耳市場におけるマーケットリーダーのコクレア社は、パワーワンを推奨しています。

  • 聴覚情報処理障害

    聴覚情報処理障害

    子供の約3%が障害を持ち、男の子は女の子の2倍だといわれています。聴覚情報処理障害は発達性言語障害は同義語です。聴覚情報処理障害はよく難聴と取り違えられることがあります。

    これらの聴覚情報処理障害や発達性言語障害をもつお子さまの聴覚は、ほとんどの場合正常です。これらの障害では、聴覚情報を処理する脳が損傷を受けているのです。聴覚言語処理障害をもつ人は会話に集中し、その会話を思い出すことができません。そのかわり、視覚を通して受け取る情報の方が処理しやすくなります。

    例えば話し手がある文章の中で協調するような場合、(例えば「私は明日東京に行きます。」という文章で「明日」または「東京」を強調する場合)この意味の違いを多くのケースでは理解されません。多く場合、音韻的に類似した単語について聞き違えたり混乱します。例(おばさん、おばあさん)また、時間的な単語の長さを取り違えることがあります。しかし、この問題が明らかになるの、聴こえる音の音源方向を定められなかったり、騒音下での聞き取りが困難という場合だけです。

    聴覚情報処理障害は生まれつきということもありますが、長引く中耳炎や頭部の損傷が起因する場合もあります。実際の原因については現在のところはっきりと解明されていません。聴覚情報処理障害の診断や治療に関しては、耳鼻科医やオーディオロジストにご相談ください。