空気亜鉛電池 水銀0使用

弊社の実績ある空気亜鉛電池を無水銀でご利用いただけるようになりました。 これによりパワーワンは、環境に最もやさしい補聴器用電池であるといえます。 従来の空気亜鉛電池にはこれまで微量の水銀が含まれていましたが、弊社の技術により、無水銀による空気亜鉛電池が可能になりました。

 

サイズ 13 と 312 は、近代的な補聴器向けの新しい wireless approved です。 

パワーワン 水銀0使用 電池は、ドイツのエルワンゲンにある新しい世界最大の近代的な補聴器用電池製造工場で製造されています。 製造は、クリーンルーム環境下で、ESP ケース特殊コーティングによる、環境と調和した電池技術を用いて行われています。

特許を取得した、安定性のある高電圧電池パワーワン 水銀0使用は、お客様に最高のパフォーマンスと長寿命を提供します。

タイプ p 10 p 13 p 312 p 675
タイプ番号 24610 24606 24607 24600
電圧(V) 1.45 1.45 1.45 1.45
分類 空気亜鉛空気亜鉛空気亜鉛空気亜鉛
電池容量(mAh)100* 300** 170*** 650****
直径(mm)5.8 7.9 7.9 11.6
高さ(mm)3.6 5.4 3.6 5.4
重量(g)0.3 0.83 0.58 1.83

*1000 Ohms 12h/day to 0.9V at 20°C / 55% r.h.

**625 Ohms 12h/day to 0.9V at 20°C / 55% r.h.

***1000 Ohms 12h/day to 0.9V at 20°C / 55% r.h.

****180 Ohms 12h/day to 0.9V at 20°C / 55% r.h.

空気亜鉛電池が使われる理由 空気亜鉛電池は特に高いエネルギー密度を持ち、ほぼ水平の放電曲線を示しています。 そのため、とりわけ補聴器のための理想的な電源といえます。 電池の空気穴は保護フィルムでおおわれています。 電池の「非アクティブ状態」は使用される直前まで維持されます。 保護フィルムが張られた状態で発生する空気亜鉛電池の自然放電量は、年間でおよそ3 %です。 保護フィルムは電池を補聴器に挿入するときにはがします。 やく30秒後に電池が反応を開始すると電流が流れ始めます。 空気亜鉛電池は一度保護フィルムを剥がすと放電状態となるため、限られた期間しか保存できず、できるだけ早く使用されなくてはなりません。